ブログ

厨房機器は廃却より買取で費用の大幅圧縮実現

飲食のお店はそのライフサイクルが短いです。
特に都心部で、大きな商業施設でそれなりの賃料を払って、営業を続け、売上げを上げるということは非常に困難なことではあります。
したがって、オープンして1年たてば10軒の店のうち8件は店替わりすると言われています。
賃料がそれなりに高いから、条件的には厳しくなるのです。
我々が仕事の合間に、食事に行くレストランも次に行ったら閉まっていたり、引っ越しの最中で、丁度現状復帰の状態にしている所にかちあったりします。
そういう場合共用部に、机とか椅子とかが無造作においてあり、その横に業務用厨房機器が山積みになっています。
店のスタッフは中の物を早く出さないと契約違反になるかに必死です。
外に出してあるものはすべて廃却物になるのです。
これは本当に勿体ないです。
使い古した机と椅子のセットも少しは値段がつく場合がありますし、業務用の厨房機器の場合、元々が値の張るものばかりです。
数が家庭用機器と違うから、たくさん売れないので1台あたりの高くなる金型代が載ってきて値段は高くなります。
仕方のないことです。
だから中古品もそれなりに値段がつきます。
産廃にするのはあまりにも惜しすぎます。
我々のような厨房機器 買取を専門にしているところに連絡を戴ければ、直ちに見積もりを出します。
また、引っ越し当日は現状復帰が円滑に行くように、タイミング良く引き取りに呼応させてもらいます。
お金を払って捨てていたものが逆に現金にかわることで、引っ越しの費用圧縮が実現します。
次のスタートに勢いがつくことは間違いないでしょう。


関連記事

ページ上部へ戻る